キャプチャーボード C988 の動作がおかしくなったので対処してみた

Live Gamer HD 2 C988 の動作がおかしくなったのですが、これをやったら直ったという事で、備忘録です。

普通に動作していたのですが、Windows 10 20H2 にアップデートした辺りから挙動が怪しくなりました。
何事もなく動くこともあれば、画像が止まってしまい、音だけの状態になり、CPU負荷が高いですとか言われたり(実際は、全然高くない)して、最終的に、ろくに動作しなくなりました。
ケーブル繋ぎ替えたり、NVIDIAのドライバー最新にしたり。
結局ダメなので、キャプチャーボードを疑うにしても、ドライバーはWindows 標準だし、たいしたボードではないしなぁ~とか思っていましたけど、よくよく考えると、20H2にした辺りからおかしかったなと。

210411_11.jpg

まずは「デバイスマネージャー」を起動し、関連するこの辺りを消しました。

210411_10.jpg

続いてこちら。
C988は、PCI Express に接続するボードにはなっていますが、内部ではUSBとして動いています。
その為のチップも積んでいて、これは、そのドライバーです。
Windows 10では、なにもしなくても標準で入るので特に意識する必要は無いのですが、こいつを削除します。
再起動を要求されるので再起動。

念のため、一回、電源を落として、C988を外してから起動してみて様子を見るのもありだと思いますが、私は特になにもしませんでした。

再起動すると、消したはずのドライバーが勝手にインストールされるので、全て復活します。
AVerMedia 辺りを起動して動作を確認すると、無事に動くようになりました。
ただし、設定した値は全て消えていますので、その辺は再設定が必要です。

キャプチャーボードの挙動がおかしいときは、まずはご破算願うのが手っ取り早いかもしれません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント