イベント運営側は悪くないのに文句を言う人達

このゴールデンウイークは、緊急事態宣言が出たり、まん延防止措置が出たりと騒がしいですけど、さて、どれだけ効果があるのでしょうかね?ってのも以前書きました

で、今週騒がしかったのは、ラブライブ!関係でしょうか。

【重要】「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 5th Anniversary LoveLive! ~LET'S GO WONDER TRIP~」公演中止のお知らせ

【重要】5月6日(木) 開催 Liella! デビューシングル「始まりは君の空」リリースイベントに関するお知らせとお詫び

Liella!は、元々都内での開催ですし、緊急事態宣言が出ている真っ直中ですので予想はできたでしょう。
Aqoursは、まん延防止措置も出ていない静岡県ですので、まさか…ってな感じです。

そして、虹ヶ咲 3rdライブは、現時点では開催予定のままです。


Aqoursの野外ライブが中止になったあとに、このツイートが出たのですけど、リプや引用RTで、Aqoursが中止なのに、なんで虹ヶ咲はやるのだ!とか、こっちも中止しろ!スタッフは何考えているんだ!とか噴き上がっている人が出てきました。

ザックリどんな人なのかなとか見てみましたけど、こんな感じ。

・Aqoursは中止なのに、虹ヶ咲は開催とか許せない。判断基準を示せ!
・チケット当たっていないので、腹いせに中止を叫んでいる
・ライブで感染者が出てクラスターが発生したらどうするんだ
・自粛しろと言われているのに、やるとはけしからん!(自粛警察)
・とにかくやめさせたい(アンチ)


恐らく一番多いのは、スタッフは判断基準を出せ!とかいうやつでしょうか。
ちゃんと読めば書いてありますし、少し調べれば、静岡県がNGで、(今のところ)埼玉県がOKなのも見えてきます。
あと、なんとかして開催しようと運営側が苦労しているのも見えてきます。

一番苦笑したのは、それこそ緊急事態宣言が出ているさなか開催された「シャッフルフェスティバル」に現地に行って楽しかったと言っていた人が「3rdを強行する運営にはがっかりしました」とかツイートしていた人を見た時ですかね(^_^;)
どういう基準なのでしょうか?

皆さん忘れがちですけど、私達は、お金を払って娯楽を楽しむ側なので中止になっても、返金さえされれば、あまり痛くも痒くもないですけど、運営側(スタッフ・キャスト含め全て)は、お仕事なのです。
中止になったら大赤字になるのですけど、その辺の認識が欠如している人達が多数いようですね。
無観客になるだけでも大赤字確定です。
むしろ、今の人数制限している時点で、採算ラインギリギリなのでは?
中止になって補償金が出たとしても雀の涙程ですし、できる限り開催しようとする方向に動くのは分かると思います。
(過去、Aqoursの3rdライブ・福岡公演の時も周辺で豪雨災害がありましたけど、来られない人への返金を認めつつ開催しましたよね)
とにかく中止しろ!とか叫んでいる人達は、億単位の損失を自分達が出してやるぜ!とか言うのでしたら、構わないと思いますよ😃

Aqoursの野外ライブ中止の理由

>また、静岡県新型コロナウイルス感染症対策専門家会議により、静岡県内で予定される大規模イベントは当面中止すべきとの見解が示されたため、会場近隣の皆様、ご来場のお客様、出演者、スタッフ、関係者の安全を第一に考え、誠に残念ではございますが、予定しておりました日程での本公演の開催を中止させていただくこととなりました。

運営からのお知らせに、ちゃんと書いてあります。
静岡県側からの要請ですね。


地元の番組で流れていたようですけど、知事が「掛川の件」と名指ししていたのですね。

静岡県イベント開催におけるチェックリスト(令和2年12月1日更新)(ワード:54KB)

100項目というのはこれかな?
この時点から内容が変わっていないのだとしたら、元々はクリアしていたのか、もしかしたら、県側と調整して、ちょっとくらい見逃して…なんて事があったのかもしれません。

>鉄道駅・駐車場等と会場間にシャトルバスを運行する場合は、バス利用者が間隔を空けて着席できるようにする

5,000人規模だったとして、会場までのシャトルバス内の間隔を開けるとすると、バスが何台必要か分かりませんし(恐らく、喋らないを条件にある程度詰める想定だったのかも)、あと一番無理じゃない?と思ったのが、

>合唱等においては、講じる防止策(マスク着用等)に応じた適切な演者間距離を確保(例:マスク着用時は前後1m左右50cm、未着用時は前後2m左右1m等)

ライブが合唱に当たるかは分かりませんが、これを遵守しろと言われると、Aqoursはパフォーマンス不可になります(^_^;)
(そもそも合唱でマスク着用とか、このチェックリスト自体、なに言っているの?レベルですが)

恐らく運営側は、かなり調整をしていたのだと思います。
少し前には、飲食ブースを無くすという発表もしていましたけど、これもギリギリまで調整していた証でしょう。
県の職員間とは、上記のような部分は、ちょっと目をつぶってもらい、その代わり観客への対策はしっかりと行う方向で進んでいたのではないでしょうか?(その辺は、良くある大人の交渉(笑))
だけど、知事が目を付けて、上記チェックリストを確実に遵守しろ!と言われたらアウトです。

ぶっちゃけ、知事は最初からやめさせる気満々だったような気がします。
別にそれが悪いわけではありません。
県民を守ろうとする判断だとしたらそれもありでしょう。
それも一つの方針です。(周辺宿泊施設は打撃でしょうが)

気になるのが、静岡県はまん延防止措置も出ていないのと、この中止判断をライブ運営側がやったとみなされた場合、補償金が出るのかですね。
政府もケチなので、出さない可能性が高い気がしますし、静岡県側がフォローしなかった場合、運営側は大赤字になりますし、野外ライブの振り替え公演自体なくなるかも。
ついでに、静岡県でのライブも今後行われなくなるかも。
この辺は、私の想像でしかないので分かりませんが。

埼玉県の場合です。

埼玉県は、昨日からメットライフドームがある所沢市は、昨日(28日)から正式にまん延防止地域に入っています。
このタイミングで、一般販売チケットの当選結果の発表を中止しました。



埼玉県におけるまん延防止等重点措置等に基づく協力要請について

以前にも書きましたけど、埼玉県のまん延防止のイベント開催内容については但し書きがあります。

>催物(イベント等)の開催制限
> 【人数上限】5,000人

> 【収 容 率】大声での歓声・声援がないことを前提とするもの:100%以内
> 大声での歓声・声援があることが想定されるもの: 50%以内
> 人数上限、収容率の人数のいずれか小さいほうとする
> (ただし、チケット既存販売分(参加者への招待や案内済みのものを含む)には適用しない。)


5,000人上限とありますが、チケット既存販売分には適用しないとあります。
つまり、既に販売してしまったチケットに関しては問題ないという事です。
一般販売チケットが中止になったのは、所沢市へのまん延防止が適用になったので、上限オーバーになるからでしょう。

>感染防止対策を徹底できない場合、イベント開催の自粛
>感染状況に応じて、開催方法の変更(規模縮小、無観客化、分散開催)や延期、自粛
>入場整理(規制入退場、動線管理、雑踏警備等)を強化し、密集回避・感染防止対策の徹底

運営側としては、ここを徹底しますと、埼玉県側と調整しているのではないでしょうか。


チケットの払い戻しに応じる案内も出ました。
気になるのでしたら、行かないという判断もありです。
運営側に中止しろ!と騒ぎ立てるのは、お門違いでしょう。
自己判断ができる選択肢が用意されているのですから行かなければ良いだけです。

そもそも、メットライフドームで、今でも有観客でプロ野球が開催されているのに、ライブだけ中止しろとは、なかなか言いづらいかもしれませんし(^_^;)
とはいうものの、現時点でそうなっているというだけで、今後変わらないという保証はどこにもありません。
この辺は、見守っていくしかないでしょう。

で、県によって判断がバラバラなのと、なぜ運営側はできる限り実施しようとするのかは、正直ちぐはぐな政策しか出さない政府のせいだと思います。
明確な判断基準も出さず、ほぼ各自治体に丸投げ。
その為、静岡県はかなり強攻策を出していますが、埼玉県は意外と緩め。
(県民優先か、既に決まっていたイベントに関してはある程度許すかの違い)

一番ダメなのは、イベントを中止した際の補償金が少なかったり、滞っていたり、出る基準が厳しかったりする事でしょう。
運営側の人達も生活がかかっているので、その補償金が当てにならないとなると、できる限り実施しようとするのは当然です。
なので、運営側にやめろと苦情を投げるのは間違っていて、苦情を言うなら政府でしょう。
緊急事態宣言を出したのなら納得できる根拠と内容、その為にはどこまできちんとした補償をする。
これが示されていれば、運営側も延期判断とかすぐに出しているのではないでしょうか。


ちなみに新潟県

「コンサート後、飲食控えて」 新潟県がジャニーズファンに呼び掛け

ゴールデンウィーク中に、朱鷺メッセでコンサートがあるようですね。
こちらはチラシを配って対応のみのようで。

新潟県におけるイベントの開催制限及び大規模イベントに係る県への事前相談

現状維持っぽいですね。
収容人数の半分、もしくは5,000人
大規模イベントは事前に相談しろとなっています。
比較的緩めかも(^_^;)


あと、忘れてはならないのは、参加する側ですね。
運営側がこれだけ頑張っているのですから、参加する側も「少しでも具合が悪かったら参加しない」「できるだけ集まらない(密集しない)」「できるだけ喋らない」「ライブ後は、感想を語り合いたいのを我慢して帰る(会食しない)」など、徹底しないと裏切ることになりますので、その辺は注意しないとです。

運営側は、一概に攻められないと思うのですけど、結構叩いている人がいるので、ちょっと書いてみました。
あ、ちなみに個人的な戯れ言なんで、こいつなに言っているんだ?とか思ってもらっても結構です(笑)


おまけ…
ライブ会場でコロナ急拡大せず、スペインで陰性者5000人の実験

>スペインのバルセロナで、新型コロナウイルスの簡易検査で陰性だった5000人が社会的距離(ソーシャルディスタンス)を取らずにライブコンサートに参加するという実験が行われ、主催者によると、2週間後も感染者の急増は見られなかったという。

面白い実験していますね(笑)
陰性なんだから当たり前じゃん!とか言う人もいるでしょうけど、簡易検査ですし、偽陰性の可能性もあるわけですから、それを考えれば面白い結果かと。
これを踏まえると、無声援ライブかつ、隣の席が空いている状態でのライブで感染者が出るのか?と言われれば、かなり低いという感じにはなりそうです。
当然、これだけではデータが少ないとは思いますが。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント