虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 3rdライブ チケット詐欺がいたようです

つい先日、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 3rdライブ、1日目の優先チケット当選結果が出ました。
どれくらいの人が当選したのだろう?とか気になって検索してみたのですが、こんなツイートを見かけました。

210327_02.jpg

友人と重複したので譲ります?
しかも、2枚x2という事は、自分達の分を除くと、3枚x2という事になります。
3つ当選するとかどんな強運の持ち主だよ。
あと、当選発表が13時なのに、ツイートした13:10の時点で、連絡多数もらっているとかあり得ない。
見た人を焦らせるための煽り文句ですね。

虹ヶ咲 3rdライブから、チケット2枚申込み俗に言う連番チケットが復活しているのですが、申込みの際に同行者を事前に登録しなければなりません。
同行者となった人は、親になった人と同じチケットに応募できないので、親となった人が応募することになります。

Aさん(親)  ← チケットを申し込む人
Bさん(同行者)← 同じチケットは申し込めない

さて、この人は、友人と重複したと書いていますが、どうやって重複させるのでしょうか?
ここで、Bさんが親になって「Bさん・Cさん」とかも考えましたが、さすがにe+もそこまでバカじゃないでしょう。
私がシステム作成者なら弾くようにします(試してはいません)
あと、全く別アカウントを作って「Dさん・Eさん」とかを作るとかですかね?
この場合、登録する住所と携帯番号をどうするかとかありますが、住所はそれっぽく偽証できるでしょうし、携帯は、安いSIMを買えば良いでしょう。

ここまでできたとしても、チケット当選者は、顔写真登録をしなければなりません。
(虹ヶ咲は、シャッフルフェスティバルから顔認証が導入されています)

虹ヶ咲・シャッフルフェスティバルの時は、顔写真を登録する時や座席番号を確認する際に、アカウント登録時に設定したメールアドレスと携帯番号が必要になりました。
転売が成立したとして、売った側は、それらを買った側に教えることになるわけですが、かなり困難ですね。
登録内容(住所、氏名)を偽証して、携帯もSIMを捨てる前提(売った人に渡すなど)で入手していたとしても、厳しいでしょう。
買った側も、身分証明書の提示を求められたらアウトでしょうし。
(アカウントを譲って登録内容を変更するという手もあるかもだけど、チケットを購入した時点と大きく変わったら、転売がバレるでしょう)

そんなわけで、上のアカウントのツイートは、かなり怪しいです。
チケット詐欺の可能性が限りなく高いです。

210327_03.jpg

フォロワー数や、登録年月日、上のツイートからして怪しいとは思っていました。
気になって、あとで確認してみようと、興味本位でキャプを取っておいたのが上の2つの画像です(^_^;)
で、なんとなく見たら…

210327_04.png

アカウントが消えていました。
IDで検索してみました

210327_05.png

やられた人がいたようです(´・ω・`)
虹ヶ咲の他にも、EXILEのチケットも売りに出していましたので(虹ヶ咲と、EXILEチケットを売りますの、2ツイートしかなかった)、どちらでやられたのかは分かりません。
被害に遭った人を辿ると、犯人は、どうやら複数アカウントを持っていて、別アカウントで出していたチケットでも騙された人がいるようですね。
(別のアカウントから、上のアカウントに誘導されて取引していたみたい)

やはり、取引専用アカウントとか、作って間もないアカウントとか、そういうアカウントと取引するのは、リスクが伴うと注意した方が良いでしょう。
虹ヶ咲は、上記のように転売が難しくなっていますので、そもそも怪しいと見た方が良いです。
昔のように、2枚取って誰かと相互するというのは、できないと思った方が良いでしょう。
ましてや、複数枚当たったとか、あり得ないですし。

どうしても欲しいチケットだからと、ついなにも考えずに手を出してしまうのでしょうけど、少し考えると怪しい部分が見えたりします。
落ち着いて判断しましょう。
まぁ、転売チケットには手を出さないのが一番ですが(´・ω・`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント