ネタがないと言ったな…

ここで、ネタがないと言ったな…あれは嘘だ(笑)

201114_10.jpg

シャープのマスクが届きました(笑)
1回目の抽選時に申し込んでから、28回目の抽選にして、ようやく当選して購入権をゲット!
日本製ではありますが、高級マスクをゲットしました(笑)
長い戦いでした(^_^;)
というか、もうここまで来たら、当たらない方が面白さが増していた気がしますけどね(^_^;)
ちなみに、使わずに記念に取っておきます(笑)ぉぃ

今日は、眼科に行って、午後から黄砂で汚くなった車を洗って、買い物して終わってしまいました。
眼科からの帰りに、現行コペンがオープンで走っていて、ほう珍しい(コペンを見かけてもオープン率が低い気がする)と見たら、ドライバーが女性で、なおさら珍しかった(笑)
新潟でオープンカー女子を見かけること自体レアだなとは思いました。
一方の私は、近所の眼科に行っていただけだったので、オープンにしていませんでした。
愛が足りなくてスマンかった(^_^;)

虹ヶ咲…
今日は7話ですね。
もう楽しみです(笑)

先週のお話。
本当に段ボールを被って収録していたのか(^_^;)
まゆちは、かすみん回で、コッペパンをかじって収録していたようだし、そうやって収録するんだ…みたいなね(^_^;)
今なら、いくらでも機械で編集できそうなものですが(笑)


虹ヶ咲メンバーには、一人、規格外に絵が上手い人がいますけど、ちぇみーも上手いなぁ~と。


COVID-19…
Go Toトラベル利用の新型コロナ感染者131人に (9日まで)

>この中で、加藤官房長官は、観光需要の喚起策「Go Toトラベル」を利用した人は、ことし7月の開始から先月15日までに少なくとも、延べ3138万人に上ることを明らかにしました。
>一方で、利用者のうち、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、9日までで131人になると説明しました。


私も先月2泊したので、ここの2人分に入っていますね(笑)
しかし、131 / 31,380,000 って、もうGo Toトラベル関係ないくらいの誤差のような気が(^_^;)
むしろ、Go Toトラベル関係なくて、旅行後にかかったとか、そんな感じにしか見えないのだけど。
先月行った旅行先もみんな徹底していたし、むしろかかる要素なんて見当たらない。
食事の席も食べるとき以外はマスク着用だったし、従業員が誰もいない席でも拭いていたくらい。
温泉の脱衣所とかならもしかして…って気もしますけど、かなり確率は低いでしょう。
少なくとも、私が行ったところは、変な飲食店よりは、よっぽど対策されていました。

この記事に対して、それみたことか!みたいな感じで言っている人もいますけど、落ち着いて考えろよと。
1つ前のblog記事で書いた人みたいに、コロナは茶番とは言いませんけど、少し騒ぎ過ぎなところもあるのがなぁ。
適度に怖がっていれば、速攻かかったりとかはしないと思うのだけど。

クマ…
殺人クマでも駆除しないで!……猟友会や自治体に抗議電話する人々の正体

>「東京や関西の大都会でもクマが出没するようになれば、抗議していた人たちもクマの危険性を認識するのではないでしょうか」

ないない(ヾノ・∀・`)
確実に逆ギレして、どうしてくれるんだ!とか、早くなんとかしろ!とか言い出しますよ。
その程度の連中にしか見えません。

>「『なんで殺すんや。可哀想やないか。』とか、なぜか関西弁での抗議が多かったですね。
>県内に住む人からの抗議は一切ありません。


熊森みたいな、あれ系の活動団体員がやっているようにしか見えませんね。

10月30日、兵庫県でカキもぎを実施

>凶作年は里のカキを「クマにあげて」ください

相変わらず、自然動物に対して餌付けして満足している団体のようですし。

捕獲クマに爆竹や唐辛子スプレー…「人の怖さ」教えてから解放、出没が激減

で、前にもそういう事をしているところがあると紹介しましたけど、実際の記事が出てきたので。

>実は、県内のツキノワグマは絶滅危惧種。
>県は、クマを捕獲した場合、人の怖さを教え込んで放つ「学習放獣」を実施しており、このクマも昨年“学習済み”だったが、名産の柿の誘惑に勝てなかったようだ。


当然下りてこない個体もいるのですが、これだけのことをしても下りてくる熊もいる。
それは、仕方がないので駆除する。
熊森より、こちらの方のやり方が正しいと思います。
熊森のように、餌を与えたとしても、それが止まった途端に、人里に下りてくる可能性が高いですし、むしろ、食べ物は人から貰えると学習してしまうでしょう。
それは、自然動物と言えるモノではなくなっているのですけど、「ぷーさん可哀想だから、いっぱい餌をあげるね!」程度にしか考えていない人達には、分からないのでしょうね。

沖縄タイムス…
県警、共謀者の存在も把握か 沖縄タイムス元社員逮捕 書類やパソコンを押収

>沖縄県警特別捜査本部は13日、新型コロナウイルスの影響で経済的打撃を受けた個人事業主らを対象に国が支給する持続化給付金100万円をだまし取ったとして、沖縄タイムス社の元社員で無職の男(45)を詐欺の疑いで逮捕した。

タイムス元社員詐欺容疑で逮捕

>沖縄タイムスの元社員が新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ事業者に国から支給される「持続化給付金」をだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕されました。
>逮捕されたのは沖縄タイムスの元社員、牧志秀樹容疑者(45)です。


さすが、元社員とはいえ、自分のところには甘いですね。
報道しない自由を行使しています。

一応、なにやら言い訳じみた文章が公開されています。

ネット上の匿名報道に関するご説明

>沖縄タイムスでは実名報道を原則としておりますが、事件・事故の報道については紙面上は実名で、ホームページなどでは匿名での報道を基本としております。
>インターネット上では、一度掲載すると情報が広がって長く掲載され、すべてを消すことは困難です。
>逮捕で容疑者を実名で報じた後、不起訴や裁判で無罪になったりするケースもあることや、刑期満了後もネット上に長く残り続けることで、当事者が不利益や迷惑を被る恐れがあります。
>また、近年は「忘れられる権利」の訴えも一部で認められるようになりました。

>ただし、ネット報道であっても、例外として政治家や幹部公務員など公的な立場の人、有名人の事件・事故については実名で報じる場合があります。
>また、多くの犠牲者がでるなど社会に甚大な影響を及ぼすような殺人や連続強姦、放火、子どもが巻き込まれるような重大事件では、実名で報道することがあります。


本当に、今までも紙面上では実名で、ネット上は匿名だったのでしょうか?
結局、自分達のさじ加減一つで、どうにでもなると言っているようなものです。
そこまで言うなら、今後は、加害者、被害者共に実名報道をしなければ良い。
「真実性を担保するための実名報道」などとは、金輪際言って欲しくないものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント