内燃機関至上主義ではないけど

少し前に、TwitterのTLに面白いツイートが流れてきました。



言わんとしていることは分からなくもないのですが、そこまで豪語できるようなEVが、なぜいまだに急速に普及しないのでしょうか?
まだまだ過渡期だからですよね。
EVは、今のところ充電できる箇所が少ないのと、充電に時間がかかるのが問題です。
急速充電もありますが、現状ガソリンを給油するよりはるかに時間がかかります。
高速のSAなどや、道の駅にも増えてきましたけど、時間がかかるせいで誰かが充電していたら待ちになりますし、かといって充電ステーションは、そんなに増やせませんし。(場所も設備もかかる)
結局、ハイブリッド車や日産のe-POWERは、EVから見たら妥協の産物と言ってしまえばそれまでとはいえ、内燃機関に頼らざるを得ない(現状純粋なEVより有利)だからですね。

マツダは、取り組み方が違っていて、内燃機関はすぐには滅びないだろうし、総合的に考えたらエンジンの効率を上げた方が使用する資源が少ないから省エネである…という考え方です。
EVに使用されるバッテリーを作る際の資源やエネルギーは、結局、化石燃料を余分に使用しているから、だったらエンジン効率を上げようと。
自宅で充電するにしても、太陽光で充電できるのは、ほぼ昼間だけですし、そうなると夜は発電所からの電気になるわけですけど、現在の日本では、ほぼ火力発電の化石燃料に頼っていますからね。
あなたの嫌う内燃機関を使用した車となんら代わりがないのです。
原子力アレルギーの日本では、原子力発電はもう期待できないでしょうし、発電や送電時に何度もエネルギー変換している分、効率が悪くないですか?そう考えると、はたしてEVは、本当に効率が良いのか?


実際は、アップデートに頼れない部分も出てくるでしょうから、その際に陳腐化して、結局買い換えることになりそうですから、その程度は、どうでも良い事でしょう。自慢できる話ではないです。
ちなみに性能改善やらのアップデートは、ある程度なら、今のエンジンでも、できるでしょうけどね。


ようは給油できるところがなくなりますよ?と言いたいのでしょうか。
そんなこと言ったら、先ほど書きましたけど、今のところEVの方が大変ですし、充電ステーションが、急速に普及するとは思えませんけどね(^_^;)
ガソリンスタンドは、昔に比べれば、確かに減っていますけどね。


新しい物好きなので、古い価値観に固執するつもりはありませんけど、今のところEVは、メリットよりデメリットの方が大きく見えるので、私は、まだしばらくはエンジンに頼ると思います。
遠出をせずに街乗りしかしませんというのでしたら、EVのデメリット(電欠の心配)が無くなるので、それでしたら全然否定はしませんし、乗っても良いのではないでしょうか。

この人、テスラ(EV)愛が強すぎて盲目になって、内燃機関の車は価値無しだと言い切ってしまっているようなものですけど、個人的には、まだ何年か続くだろうなと思っていますし、バッテリーの技術革新が進んで、もっと小型軽量化+充電速度アップされないと、一気に世代交代は進まないだろうなと(^_^;)

あと、テスラ・モデル3早く買えると良いですね(笑)
(この人、色々と書き綴っているけど、よく見ると所有しているわけではない…)

私は、内燃機関だろうが、EVだろうが、究極なのは、小型軽量の車だと思っているのですよ(笑)
軽量だと少ないエネルギーで進みますからね。
SUVとかミニバンとか、みんな無駄にでかい車に乗りすぎなんだよ!
本当にその車は必要なのかよ!
と、今度は、そっちに持って行くオチで終わります(笑)こら


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント