京アニとかチケット転売とか

午前中にふらりと出かけたのですが、ヨドバシカメラ新潟店のCD/BD/DVD売り場に行ったら、さり気なく京アニ作品が集められていました。

190825_01.jpg

スマホで、ササッと撮ったので、ぶれてしまいましたけど、特になにか書いてあるわけでもなかったですけど、やるな!ヨドバシ店員!とか思ってしまったり(笑)
もしかしたら、在庫があった分集めただけなのかもしれませんけど、それでも、お!って思ってしまいます。
そんな、京アニの放火殺人事件ですが、先週はこんな記事が載っていました。

身元公表で申し入れ=京アニ事件で報道各社-京都

>京都アニメーションの放火殺人事件で、京都府内の報道12社でつくる在洛新聞放送編集責任者会議は20日、犠牲になった35人のうち25人の身元を発表していない府警に対し、速やかな公表を求める申し入れ書を提出した。

犠牲者の名前を知ったところでどうなるのでしょうか?
「事件の全体像が正確に伝わらない」などと書かれていますけど、犯人と被害者との関係があるならまだしも、今回は完全に無差別殺人です。
犠牲者の名前を知ったとしても、恐らく繋がりなんて分かりませんし、ないと思います。
マスコミ側が名前を知った時点で、次々と過去をほじくり出して、こんな夢を持っていただとか、卒業文集にはこんな事が書かれていたとか、お涙頂戴記事を書いて、セカンドレイプみたいな事をするのが目に見えています。
遺族が名前の公表を許可したのならまだしも、拒んでいる人達の名前を出すことはないでしょう。

京アニ放火 凶行への怒り新たにする

先週の新潟日報の社説にも、こんな事が書いてありました。

>事件や事故報道は被害を的確に伝え、社会の教訓とする目的から原則実名としている。一方で報道機関には、プライバシーに配慮し、メディアスクラムなどに陥らないよう節度を持って取材することが求められる。
>今回警察は遺族側と慎重に調整したのだろう。ただ、これが先例となって取材や報道の制約が広がれば弊害は大きい。


きれい事を書いていますけど、結局のところ今までの行いが全く信じられていないから、しきりに実名報道をしたがっていることに対して、非難の声が上がっているのでしょう。
節度を持ってとか言いながら、次々と取材に訪れていたら、遺族としても嫌になりますし、ほっといてくれとなるのが分からないのでしょうか?
そして、最後の一言「ただ、これが先例となって取材や報道の制約が広がれば弊害は大きい。」というのが、結局、さっさと教えろと言っているだけにしか聞こえません。
名前を知らなければならない事件と、今回のように知らなくても完結するような事件と、切り分けができないようでは、マスコミの意味なんてありませんよ。
隠すのが先例となるのが嫌だというわりには、マスコミ側で加害者の名前すらぼかして報道することすら多々ありますしね。
被害者の名前公開は、もう少し考えた方が良いかと思います。

チケット転売…
昨日、ラブライブ!フェスの1日目のチケット当選した!と書きましたけど、早速チケット売買サイトには、出品されていますね。

190825_04.png

サイトのURLを書くのも嫌なので、画像をぺたりとしておきますけど、もはや呆れる金額になっています(;´Д`)
座席も分からないチケットかつ、本当に当選しているのかすら分からないものに、10万近くとかよく出せるなと。
ついでに、当日身分証明書確認されたらアウトのような気がしますし。

190825_03.png

このサイト、こんな感じで煽り文も書いていますし、このサイト自体を罪に問えないんですかね?とか思ってしまったり。
まぁ、場所を提供しているだけとか言って、逃げられるのは分かりますけどね(´・ω・`)

190825_05.png

同じサイトには、一応注意書きがありますけど、わざわざ「業として」を強調して、個人として、たまたま高額で譲ってしまったというのはOKだよみたいな感じで書いてありますし、サイトの運営者としては逃げる気満々ですし。
本来なら運営者が定価(+手数料)より高くなっているのは禁止したり、通報するのが筋なのでしょうけど、そんなことをしたら誰もサイトを使わなくなるからしないでしょうし。
まぁ、この辺が「チケット不正転売禁止法」の限界なのでしょうけど、たいして役に立っていないのが残念ですし、さらにこんな値段でも買ってしまう人がいるから転売が成立するんだよなと。

あおり運転…
追い越し車線「2kmまでOK」は都市伝説?  2km以下でも捕まるクルマ、続々

昨日も書きましたけど、基本はキープレフトなので、追い越し完了したら戻れよと。
2Kmとか関係ないよ。
そんな風に教えてしまう教習所もどうかと思うけど、知らないのもどうかと。

>・法定速度以下で走行中に追いつかれた先行車は後続車に道を譲る義務がある。
>追いつかれても道を譲らず後続車の走行を妨げることは、あおり運転を誘発することにもつながる。
>あおり運転のほとんどは、先行車がノロノロ走っていて道を譲らないことから始まっている。

>「後ろにクルマが来ていることに気づかなかった」「煽られているのに気づかなかった」「なぜ自分が煽られているのか理由がわからない」というひともいる。

>しかし周囲の交通状況を把握しないで走ることは、道交法第70条の安全運転義務違反
>→「操作不適」「前方不注意」「動静不注視」「安全不確認」「安全速度違反」「予測不適」「その他」の7区分のうち、「動静不注視」「予測不適」などに該当する


最後のまとめが全てを物語っているので、ここが重要ですな。
最近は、後ろから車が来ると、待ってましたとばかりに写真や動画を撮る人がいますけど、あなたも違反かもしれませんよというのを知っていて欲しいものです。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント