Aqoursチケット当選率を調べてみた

基本的に、あまり積まず、少ない元手で自力でチケットを入手し、どこまでいけるかというのを
やりつつ、Aqoursのイベントに参加しているのですが、なんとなく、これまでの勝率(?)を
出してみようかと思い、まとめてみました。

・基本的に積まない(せいぜい2枚)
 →BD2枚と書いてあるのは、1つの日の申込みで各1枚ずつ使用
・Aqours CLUBは、1アカウントのみ
・確実に行けそうな公演のみ申込み(日曜日はすぐに帰れる体制があること)
 →ブラック企業(笑)なので、月曜日は基本的に仕事に出ろ(主に朝礼)と言われる為、
  1年に一回くらいしか月曜日を休んでいない。
  3rd ライブの大阪、福岡など、2日目(夜)を申し込んでいないのは、その為。

そんな感じで、結構ゆるめです(^_^;)
本気で全公演制覇しようとしている人から見ると甘いですが、ナンバリングが付いたライブは
行きたいと思いつつ、他は当たったらラッキー!というスタンスです。

そして、まとめてみたらこんな感じになりました(笑)
(1stライブは、申し込んでいません。他のライブ申し込んだので(^_^;))

画像


※どこか間違っているかもしれないですけど、それはご愛敬で許して

全申込み回数 36回で、当選回数15回(チケット先着順販売は、カウントしていません)
全体の当選率は、41.7%
案外低い?と思ってしまったり(^_^;)

1次先行のみに限って求めると、52.2%となります。
上の画像には載せていませんが、BDを2枚使って同一公演に申し込んでいるのを1つとしてカウントすると、
1次先行の当選率は、66.7%となります。

高いと見るか、低いと見るかは、人それぞれでしょうけど、基本的に狙ったものは行けているので
私は満足ではあります。
ただ、少なくとも、大量にCD(BD)を積まなくても、これだけ当たるという事にはなると思います。

アジアツアー2日目は、2次先行以降、やっぱり行こう!と思って申し込んでいましたが、
時既に遅し感が漂っていますね(^_^;)
箱が小さいと、1次で当てておかないと、やっぱり厳しいのかもです。

あと、チケット2枚申込みで当てて、どこか当たらなくても、当たった誰かと連番を組むというやり方は、
ありだと思いますし、それで行ける公演数が増えれば幸せでしょう。(ちゃんとマッチングできれば)
ただ2枚申込みって、みんながそれを狙っているような感じで、当たりづらくなっているのでは?とか。
私は、何回か1枚、2枚と、同一公演を申し込んだ際、2枚側が当たったことがありません(^_^;)
なので、感覚として、私がそう思っているだけではありますが。
(誰かが2枚での当選率を求めてくれれば分かるのですが、いないか(^_^;))

先ほども書きましたけど、大量に積まないと当たらないという事はありません。
イープラスが、どういう処理をしているのか分かりませんけど、いくら積んでも1つとみなすとか、
あまり積み過ぎると転売とみなされるとか、そっちの方のリスクが高そうです。
(イープラス側のアカウントを複数用意する手もありますが、昔と比べ面倒くさい)


転売対策…
Aqoursのファンミの東京公演のレポでも、ちらっと書きましたけど、本人確認が行われていて、
結構厳しめでした。



遅刻してきて、スタッフとあーだこーだやり取りした人もいたようで。
本来なら身分証明できる人と一緒に入場するのが当たり前なので、遅刻してきたら、
そりゃ目を付けられますな。
運営側からしたら理由は分からないですし、厳しく対処しないと舐められたりする可能性もあり、
隙を見せたら突破されるでしょうし、確かに不備があるようにも見えますけど、まぁ妥当かなと(^_^;)
このツイートした人も、大変な目に合った割には、チケットの身分証明チェック自体は、
好意的に捉えていますし、みんなこういう人なら良いのですが(^_^;)



こういう人もいますけど、残念ながら例外を認めてしまうと、いくらでも突破されてしまう口実を
与えるだけになってしまうので、現状では、そうするしかないでしょう。
運営側からしたら、身分証明書できる人が都合で来られないのか、そのチケットが転売チケットか、
分からないのですから。
これで、クレーム入れるぞ!とかいうのは、お門違いでしょう。
それが嫌なら、全チケットに本人登録させるか、顔認証を導入するかでしょうね。
そんなことしたら、高いチケットが、更に高くなりそうですけどね(手数料上乗せとか)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック