ロードスターRF に乗った

ロードスターRFに試乗してきました!
(RX-8のリコールのついでだよ(笑))

画像


試乗車は、VSの6ATでした。
ただ、それまで雨は降っていなかったのですが、試乗を始めたら土砂降り( ´Д⊂ヽ
全くオープンにできる状況ではありませんでした。
一時ワイパーが効かないくらいに降ったのですけど!(笑)

座ってみたら、意外と視点が高いというかRX-8とあまり変わらないのにビックリ。
NC乗ったとき(DAIさんが昔乗っていたロードスター)は、もっと地べたに座っているような感覚だった気が。
営業さんに「RX-8も低いですよ?」と言われたけど、そ、そう?普通車より気持ち低いだけだと思っていたけど(^_^;)
あ、私のRX-8、15mmだけ車高下がっていますけど(笑)

画像


スマホのカメラで撮ったのですが、フォーカス合わせるところをメーターにしなかった(^_^;)
メーターの左は、今流行の液晶画面になっていて、色々な情報が表示されるようになっています。
写真だとドアが空いている表示ですね。
オープン動作中とかクローズ動作中は状況が表示されますし、走行中は水温計になっていました。
(恐らく変えられる気がします)
パドルシフトは、右がアップで、左がダウンですね。
マツダの昔の車種は、パドルがどちらもアップで、ステアリングのスイッチがダウンという、
おかしな方式だったのですが、直したようで(^_^;)

内装のナッパレザーですけど、写真で見るより落ち着いた色だったので、これはこれでありだなと。
でも個人的には、シンプルにブラックが良いですけど(^_^;)


そんなわけで、土砂降りだったのでずっとクローズで走行したわけですけど、さすがに静かです。
営業さんも、ソフトトップより静かですとは言っていましたけど、あれだけの土砂降りの中で、
普通に会話できましたので、静粛性は高いです。

試乗車は、スタッドレスを履いていましたので、ノーマルタイヤだとどうなるか分かりませんけど、
思ったよりも固くなく、それでいてどっしりした感じ。
スタッドレスだとどうしても反応が遅れるので、曲がるときも意外とマイルドでした。
ひらひら感というよりも、マッタリ感の方が強かったなと(^_^;)

エンジンはさすが2Lという事で、そこそこ力強く加速しました。
エンジン音が太めのぶおぉぉ!って感じでしたけど、ロータリーサウンドに慣れている身としては、
全然物足りないのが欠点(^_^;)
マニュアルモードにすれば、自分の好きなタイミングで変えられますし、落とすとブリッピングまで
してくれます。
アイドリングストップも搭載されていましたけど、止まるといきなり作動するのではなくて、
止まってからしばらくしてからようやくエンジンが止まるという感じでした。
外の気温低かったですし、ヒーターとか使っていたので、その関係もあるかもしれませんけど、
止まる度に動作するよりはマシ(^_^;)
あの、ちょくちょくエンジンが止まるのはイライラしてくるのですよ(^_^;)
始動も早いので、アイドリングストップでありがちな違和感もそんなに感じなかったです。

あとは、気になっていたのが左後方視界ですが、リアのピラーが邪魔になるかと思ったら、
そもそも2シーターで短いので、あまり気になりませんでした。
後ろを振り向くと、リアガラスがあるくらいですからね(^_^;)
そういえば、リアガラス、走行中は全く雨粒が付きませんでした。
停車中は付くのですが、走ると風の通り道になっているのか飛ばされるようですね。
土砂降りで前が見えないくらいだったのに、バックミラーを見ると、後ろの方が良く見えるというね(^_^;)

しかし、本当にオープンで走行できなかったのが残念でした(´・ω・`)

画像


上の写真(3枚)は、戻ってきてから、営業さんが検査場の場所に入れて良いですよと言ったので入れて
オープンにして写真を撮りました。
オープンにすると、意外と開放感がありますし、やっぱりこれはこれでありだなと。

短い時間の試乗で、土砂降りだったせいでオープンで走れませんでしたけど、なかなか楽しめました。

帰りに自分のRX-8に乗ったら、そっちの方がスパッと!曲がる感じがしたのと軽快な感じがしたのは、
自分の車に慣れているせいか、贔屓のせいか(笑)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック