BSOのほめぺげな Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ALL ABOUT マイコンBASICマガジン」トークイベント

<<   作成日時 : 2015/11/11 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月8日に行われましたトークイベント「ALL ABOUT マイコンBASICマガジン」に行ってきました。

日時
 2015年11月8日
 14:00〜18:00
場所
 アーツ千代田3331

「ベーマガ」とは、ベースボールマガジンの略ではなくて、「マイコンBASICマガジン」の略でして
その昔、パソコンのベーシックプログラム(主にゲーム)や、ゲームの攻略などが載っていて、
一時期は本屋さんに山積みになる程売れていた雑誌です。
この本を見て、プログラムを入力し遊んだり、ベーシックやプログラムの基礎を学んだものです。
あと、パソコンのRPGや、アーケードゲームなどの攻略なども載っていて、こちらもお世話になりました(^_^;)
私も、プレゼントが何回か当たったり、OFコーナーにも何回か載ったことありますし、
プログラム(某ゲームの演奏データ)が載った事もありました。(原稿料ももらったよ(笑))

みんな忘れていると思うけど、元はFM音源やらMIDIいじったりして遊んでいたことがあるんだよ!
しょんぼりレビューの人じゃないんだよ!(笑)(^_^;)ぉぃ

そしてベーマガは、12年前に休刊となったわけですが、そのイベントが行われるということで、
これはチケットを取らねば!と激戦を制してチケットを取り行ってまいりましたよ(笑)

450人分のチケットが30分で完売したという事ですから、昔の雑誌のトークイベントにもかかわらず
凄いですね。それだけ読者もいたということでしょうけど(^_^;)

12:30頃に着いて整理券をもらった時点で250番でした(^_^;)
話が聞ければOKくらいの勢いで行ったので、こんなものかな?とは思ったり。
実は10時から整理券を配り始めていたので、私が上野駅に着いたのが10時でしたし、やっぱり整理券だけ
受け取りに行っていれば良かったかな?とかも思ったり。

あと、この日は雨が降っていましたので、スタッフが途中から取り敢えず建物の中に入って下さいと
誘導してくれたのは良かったのですが、テンパっていたのか、ちょっと整理が上手くいっていませんでしたね。
本来なら、外で列形成をするつもりだったのでしょうけどね(^_^;)
ご苦労様ですという感じです(笑)


実は、ネタバレは書かないで下さいって事になっているので、内容に関しては詳しく書けないのです。
恐らく、イベントに来られなかった人向けに、何らかのものを用意するためなのでしょう。
そんなわけで、詳しい内容は、そちらをお待ち下されって事で、サラッと支障が無い(と思われる)程度に
書いていきます(^_^;)

会場に入ると物販コーナーがあり、こんなモノまでありました。

画像


X1…なにもかも懐かしい(^_^;)
あこがれのマシンの1つでしたな。
PC-8801mk2SRとかは超高級マシンでしたし、友達の家に遊びに行っていじっていたりとか(笑)

会場内は、ドリンクバーっぽいのもあり、アルコールまで売られてましたよ(^_^;)
買うとポスターまでもらえるということで、コーラを頼んで飲みました。


開演前の注意事項などの挨拶は、PC-6601。
場内爆笑(笑)

オープニング映像は、テキストだけの映像から徐々に現代風に画面が進化していくという感じで、
バイクっぽいのが走っている映像。
それに合わせて音楽もBEEPから徐々に進化していくという演出。
古代祐三さんが、このイベントの為に作曲したものだったのですが、格好いいのでこのイベントだけとは
もったいない(^_^;)
(オープニングは、後日YouTubeなどで公開するようです)


司会進行は、山下章さんでした。
この方も、ベーマガにはなくてはならない存在でしたね。

第1部「ベーマガ編集部大集合!」

・大橋太郎(編集長)
・及川 健(編さん)
・増田克善(影さん)
・くりひろし


編集部の皆さんのトークでした。
かなりぶっちゃけトークが満載でした(笑)
危険すぎる内容で、なんといいますか、もう時効だよね?くらいの勢いでしたね(^_^;)
衝撃の事実!ってのもありましたし(笑)

取り敢えず、編さん、影さん、つぐ美さんのモデルは実在するという事が分かっただけで収穫です(笑)
つぐ美さんのモデルとなった人は、みんなの夢を壊してはいけないとオファーを断ったそうですが(^_^;)


第2部「集え!スタープログラマー」

・森巧尚
・谷裕紀彦(Bug太郎)
・断空我
・古代祐三(YK-2)
・永田英哉(Yu-You)


当時のプログラムの様子や、苦労話などと一緒に、実際に当時のプログラムを実演するという事が
行われました。
今回のイベントの為に、実機を集めるのに苦労していたようですが(^_^;)
RX-78(パソコン)なんて、よくあったなぁ(笑)
「N-TYPE」が動いているのは、実は初めて見ました(^_^;)
古代祐三さんは、当時の5インチフロッピーを持ってきて、スペースハリアーとファンタジーゾーン1面を
実機で演奏させたわけですが、よくまぁ保存していた&読み込めたなと感心したり(^_^;)


第3部「我らゲームライター第一世代」

・大堀康祐(うる星あんず)
・鈴木宏治(見城こうじ)
・手塚一郎
・池田雅行(響あきら)
・ベニー松山(TOMMY)


うる星あんずさんは、当時高校生で原稿を書いていたのかと驚いてしまったり(^_^;)
とにかく、この辺の皆さんは、自分が書きたい(やりたい)という情熱で編集部に来てライターとして
原稿を書いていたという事で、凄いなぁ〜っと。
それを受け入れてしまう、ベーマガの編集部の皆さんも凄いですが(^_^;)


予定の18時を1時間もオーバーして、19時頃終了。
熱いトークの為、どんどん時間が押していき1時間オーバーとか(笑)(^_^;)

エンドロールの曲は、ザ・スキームから「Challenging Tomorrow」でした。
その前に、司会の山下章さんが挨拶をしている時に、アクトレイザーのエンディングアレンジが
流れていたようですが、あまり聞き取れなかったです(^_^;)
でも、山下章さんの最後の挨拶も良かったので問題なし(笑)

最後は、出演者の皆さんが並んでお見送りしてくれました。
目の前に、ベーマガライターの人達が並んでいるのは、なんとも言えない気持ちでした。
こんな人達が、あの雑誌を作っていたんだなと(笑)

非常に良いイベントでした(笑)

チケットが取れなかった人が結構いたと思いますが、今後、何らかの形でイベントの様子が
公開されると思われますので、それを待ちましょう(^_^;)

関連:
マイコンベーシックマガジン - 山下です。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「ALL ABOUT マイコンBASICマガジン」トークイベント BSOのほめぺげな Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる