無線LAN中継器(WN-G300EXP)買ってみた

自宅で無線LANを昔から使っているのですが、自分の部屋に光ケーブルが来ていてターミナルアダプタが
おいてあるので、そこにルータ(AtermWR9500N)を置いています。
しかし、一階のリビングまで電波が届かない(2GHz帯もダメ)状態となっていました。
まぁ、特に困ることもなかったのですが、リビングのテレビを買い換えて無線LAN対応になったので、
せっかくなので無線LANの電波が届くようにできないかと思っていたところに、面白そうなものが
発売されたので買ってみました。
というか、溜まっていたヨドバシのポイントだけでゲットしました(笑)(^_^;)

画像


IO DATAのWN-G300EXPですね。
本当に小さくて、コンセントに刺しておけばOKですし、隣のコンセントの邪魔にならないサイズです。

しかし、これ箱だけでかいです(笑)(^_^;)

画像


開けたら、この空間に本体が入っていて、あとは紙の簡単な説明書だけ。
せっかくだからパッケージも小さくすれば良かったのに(^_^;)

親機との接続設定は、親機と本商品の「WPS」ボタンを押すだけで完了します…と言いたいところですが、
どうもIO DATA製の機器と、NECのルータが一発で繋がったためしがありません(^_^;)
結局、手動設定しました。
手動設定の手順も説明書に書いてありますが、初期状態だとパスワードもなにもかかっていない状態で
無線LANホストとして動くので、スマホ辺りでリンクして接続すると設定が楽です。
設定してしまえば、中継器として動くようになります。

で、あとはルーターからの電波が届く範囲で、この中継器を設置すれば良いのですが、
アンテナもないし、小型なので、感度がよろしくないのか、意外と離れた位置には設定できませんでした。
私の場合は、リビングの隣の部屋に設置してギリギリって感じでしたし(^_^;)
ルーターからの電波の強さによって、ランプの点灯が変わるのですが、常に弱い状況ですし。
スマホとかだと余裕で繋がる場所なのに(^_^;)

まぁ、小さいのが取り柄ですし、部屋の隅の普段使わないコンセントに挿しておけば、邪魔にならない
大きさなので良しとしましょう。
当初の目的のリビングとの無線LAN接続はできましたし。

注文点:
 もう少し感度が欲しい。
  → 階が違うとはいえ、思ったより離すことができなかったです。
    あと、テレビで回線状態を調べると、映像を見るには速度が足りません…とか表示されるので、
    中継器までのリンク速度が足りていないのだろうなと。
    小さいせいで、アンテナの感度が悪いのかもしれません。

 動作ランプがウザイ
  → 受信状態とパイロットランプを兼ねているとはいえ、常に点滅状態だったりすると、
    設置場所によっては、ウザイですね(^_^;)
    明るさが変えられるか、長時間使用している場合は、消えるなどの機能があると良いかもしれません。

ファームウェアの書き換え機能も用意されているので、そのうちバージョンアップかなにかで
感度が上がったりとか、ランプの動作が選べるようになったりすると‥‥‥いいなぁ(笑)(^_^;)
小さいので、とにかく邪魔になるようなところに設置したくない人向けということで…


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック