BSOのほめぺげな Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンU」

<<   作成日時 : 2018/01/20 14:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月14日に行われましたトークイベント「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンU」に行ってきました。

日時
 2018年1月14日
 13:00〜19:00
場所
 有楽町よみうりホール


2015年11月8日に「ALL ABOUT マイコンBASICマガジン」ということで、
昔、かなりの人気を誇っていた「マイコンBASICマガジン」のトークイベントがありましたが、
その第二弾として再び開催が決定しましたので行かなきゃ!(義務)ってな感じで、
行ってまいりました。
前回より時間も長くなり、場所も大きくなりました。

前回の様子:
「ALL ABOUT マイコンBASICマガジン」トークイベント

私も色々と投稿もしていましたし、某演奏プログラム(というかMML)が載り原稿料ももらったことがある
人としては、やはり外せません。
FM音源最高です!(笑)
BASICプログラムも色々と打ち込んだりして、勉強させてもらいましたしね。

前回は、450人分のチケットが30分で完売しましたけど、今回も良い席はすぐに完売して、
結局、開催日前には、約1000人分のチケットが完売してしまいましたし、
やはり何年経ってもベーマガを愛している人達はいるんだなと。

画像


会場に入ると、まさかのPC-6001mk2!
そして動いているのは、タイニーゼビウスmk2!
しっぱなからテンションが上がります(笑)
PC-6001mk2は、初めての愛機でしたので、まだ動いている個体があるというだけで
感動ものです(笑)

画像


タイニーゼビウスmk2は、ちゃんとゼビウスしていたと思うのですよね。
タイニーゼビウスは厳しかったけど(^_^;)
でも、当時、今となっては貧弱すぎる性能で、ここまで作ったのですから凄いです。

画像


X68Kの「源平討魔伝」と、PC-9801用「ギャプラス」
しかも「ギャプラス」は、モニター縦置き(笑)

画像


PC-8801mk2SR「テクザー」、X1「ザナドゥ」

画像


FM-7「惑星メフィウス」

データレコーダーを使って、カセットテープに入っているモノを読むわけですが、
それらが生きているだけでも凄い(^_^;)

画像


歴代のベーマガ表紙も飾られていました。
(入場者には、同じくヒストリーブックが配られました)

開演前の注意事項などの挨拶は、前回と同じくPC-6601。
休憩時間からの再開前のアナウンスもPC-6601でした。
良い声です(笑)(^_^;)

今回は4部構成でした。
今回も、あまり詳しく書かないで下さいとのお達しが出ているので、
サラッとだけ紹介です(^_^;)
まぁ、あまりにも危険なネタも飛び出していたので書けませんけどね(笑)


第1部 ベーマガ編集部 再集結!

大橋太郎(編集長)
及川 健(編さん)
増田克善(影さん)
南雲津久美(つぐ美さん)
齊藤 清(出版販売部長)


つぐ美さんは、実在したんだ!(笑)
前回は、出演を断っていましたけど、今回は来ましたということで。
ベーマガ編集部って、あれだけの本を、ほぼこの人達だけで回していたのですね。
当然、他のライターさんもいますけど、色々な作業を考えると、かなり驚異的にも思えます。


第2部 スタープログラマー VS. ○○プログラマー

森 巧尚
谷 裕紀彦(Bug太郎)
ファミベのよっしん
断空我
くりひろし


前回は、断空我さんがリアルタイムでRX-78にプログラムを入力してゲームを
動かすことは叶いませんでしたが、今回は動きました(笑)
あと、Bug太郎さんが「N-TYPE2」を作って披露したのは、凄かったです(^_^;)


第3部 DEMPAサウンドチーム クロストーク

古代祐三(YK-2)
後藤浩昭(GORRY)
川野俊充(はちみつ川野)
粟田英樹
荒木 潤


古代祐三さん含めて、皆さん5インチフロッピーを持ってきて、実際に実機で演奏するという
構成でしたけど、今回のイベントは、色々と機材調整がよろしくなかったのか、
トラブルが多かったです。
その中で圧巻だったのは、古代祐三さんが「Ys」や「ソーサリアン」の曲からベスト3を
上げるというコーナーがあったのですが、画面が映らないPC-88で、恐らくこの辺と言いながら
キーボードからなにやら入力して鳴らしていくという(^_^;)
次々と流れる未使用曲(聴いたことがない)で、ざわめく会場(笑)
色々な意味で貴重な体験をさせてもらいました(^_^;)


第4部 スーパーソフトコーナー プレイバック

大堀康祐(うる星あんず)
鈴木宏治(見城こうじ)
池田雅行(響あきら)
手塚一郎
ベニー松山(TOMMY)


こちらのメンバーは、前回と同じでしたけど、色々とネタもあり、新しい話もありで
こちらも面白かったですよ(笑)

やはり皆さん熱意があって、自分のやりたいことを全力でやるというところは、
共通していました。それが、あれだけの雑誌に成長したのでしょうけど。

元編集長の大橋太郎さんも、70歳を越えても現役で電波新聞社で記事(コラム)を書いて
いるそうですし、最後に熱意があればどんな年齢でも頑張れるとおっしゃっていたのが
印象的でした。

また、何年後かにトークイベントが行われるようなことがあれば、行きたいです。

画像



関連:


BSOを探せ!(笑)>難易度高


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ALL ABOUT マイコンBASICマガジンU」 BSOのほめぺげな Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる