BSOのほめぺげな Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS どいつもこいつも水素、水素と

<<   作成日時 : 2017/01/08 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お前ら水素村の住人か!(゚Д゚)

去年は、やたら水素水が一部でもてはやされていましたが、国民生活センターが調査結果を出したりして
そもそも抜けていたりとか、一番の効能は水分補給とか出したりして、そろそろ化けの皮が剥がれてきて
終わりになるのかな?と思っていたら、まだまだ負けていないところがあるようですね。

水素水歴15年元祖APA社の究極水素水 「火のつく高濃度水素水」

どうやらパックを水に入れると、そこから水素が発生するから水素水と言っているようです。
パックの中には、マグネシウムが入っているようなので、それと水が反応して水素が発生するのを
狙っているようですね。
ついでに、「水素発生増強液」として、クエン酸まで用意しているようで、なる程それで反応を早めるのかと。
もう、どこから突っ込んでいいのやら(^_^;)

「水素水」とは何だったのか 信頼できる食品を見分けるためには

恐らく上の商品にツッコミを入れても、水素は出ているので問題ないというのでしょう。
読むと分かりますけど、水素水が作れると書いてあるだけで、ほとんど効能が書いてないので、
その辺では突っ込めません。むしろ問題ない感じ。
伊藤園もやっていたパターンですね(^_^;)>健康がどうこうという効能は記載しない
また、上の会社の場合、ケイ素がメインのようですけど、こちらもさほど有用性があるわけでもないです。

珪素 - 「健康食品」の安全性・有効性情報 (国立健康・栄養研究所)

信じる人は救われるレベルですね(^_^;)

取り敢えず…

画像


「水素水歴15年元祖APA社」と書きながら、創業/設立を見ると15年経っていないという
片手落ちなのは、直した方が良いと思います( ´∀`)

関連:「水素水」にご注意、違法効能PR 国民生活センター


水素発電所の電力、東京五輪へ届け 川崎重工、岩谷産業など都内に設置検討 CO2排出ゼロ


こちらも水素凄い!水素を発電に使えば、CO2排出がゼロだ!という記事ですけど、
記事にも書かれている通り、水素の運搬にはかなりのコストがかかりますし、そもそも水素を発生させるにも
エネルギーが必要なわけですが。
良くあるのが水の電気分解ですが、それにも莫大な電気が必要です。その電気はどこから?とか。
(結局、コスト的に合わなくなる)
現在は、天然ガスや石油から取り出していますけど、その時点でCO2が出ているわけで意味がないです。

研究して凄い技術ができるのを期待するのは否定しませんので、それらに期待したいところですが、
今のところ夢を見すぎている人が多いですし、それができるまでの繋ぎの部分も考えようぜとか
思ったりもして(^_^;)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どいつもこいつも水素、水素と BSOのほめぺげな Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる