BSOのほめぺげな Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 時間が止まっている人達…

<<   作成日時 : 2016/11/20 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週にかけて、こんなニュースがありました。

「自分の目で見たい」 福島高生が第1原発に、18歳未満事故後初

よほど原子炉に近づかない限り、もう線量は高くないし、現場の人達も高くないところでは
防護服を着ないで作業しているようですし。
私も見てみたいなぁ〜とか思ったりして(^_^;)

で、こういうニュースが出ると早速噛みつく残念な人達(ベクレルフリーとか、脱放射能関連の人)が
いるわけで。



こういう事を平気で言うわけですよね。
この前も、原発避難いじめがニュースになって問題になっていましたけど、
こうやって心ない言葉を投げかけているのが、いじめの原因となりうるということを、
この人は分かっているのでしょうかね?
きっと分かっていないのだろうし無自覚なのでしょうけど、少し調べれば全然問題が無いというのが
分かりそうなものですし、そもそもそんな問題があったら見学なんて許すわけがないです。



みんなの測定所とかやっているところですらこれです。
なにも学んでいないのは、あなたでしょ?っと、返せるありさま。
測定されて安全な物が出回っているとはいえ、第三者が測定するのは全然構わないですし、
むしろやっても良いとは思いますけど、測定している人達の知識がこの程度では全く意味がないです。
どうせ0じゃないと全て危険だとか言うのでしょうから。



市議会議員ですら、この有様です。

>約2時間の視察で積算の被ばく線量は、線量計が表示できる10マイクロシーベルトを下回った。

しかもニュース記事では検知していないということなので、10μSv以下なのですけど。
よく指標にされるのが、成田−ニューヨーク間を飛行機で往復すると200μSvってやつですね。
この議員さんは、一生飛行機に乗れませんね(笑)(^_^;)
レントゲンとか、CTとか健康診断では使えませんね。
本当に、その人のためだと思っているのでしたら、もう少し勉強をしたらどうでしょうか?
というか、少し調べればすぐ分かるレベルなのですけど(;´Д`)

Fukushima 2016 White Paper

つい先週、「国連放射線影響科学委員会」が報告書を出しましたけど、福島原発事故による
がんの発生率に影響はないと出しています。
日本語の報告書も上のページにあります。
こういうきちんとした報告書がいつも出されるのですけど、少なくとも議員さんとやらは、
こういうのを読んだ方がよろしいのではないでしょうか?
いつまでも情報が更新されずに、おかしな事を言いつつけると、みんなに馬鹿にされますよ?

まぁ、デマ屋さんはデマを吐くのが仕事ですからそんなのは嘘だ!とか言い放つのでしょうし、
これからも自分達が嘘を言い続けた通りに日本が不幸になってもらはないと困るのでしょうから、
呪いのようにデマを吐き続けるのでしょうけど(;´Д`)

関連: あなたの思う福島はどんな福島ですか?――ニセ科学とデマの検証に向けて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時間が止まっている人達… BSOのほめぺげな Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる